About

​久久理のこだわり

花支店

原料へのこだわり・生産者の想い

春の淡路島を染めるオレンジ色のお花、有機栽培カレンデュラ(和名:金盞花)。

世界的には「皮膚のガードマン」と表現される薬草で、

皮膚を保護し、柔軟性を保ちながら肌を優しく整えます。

無農薬で食用のカレンデュラを育てる廣田農園の廣田久美さんです。

約80年以上受け継がれている栽培を淡路島で50年以上続けてこられています。

1300年の時を経て現代に受け継がれる
奈良吉野天川村の伝統の薬草

「キハダ樹皮」を再生資源として再活用。

飛鳥時代から伝承されてきた

民間薬「陀羅尼助(だらにすけ)」。

厳しい山籠もり修行を行う修験山伏たちの持薬で、

現在も大峰山天川村に息づいています。

銭谷小角堂の銭谷龍平氏・貴大氏、

天川村との資源を再生する取り組みとして、

陀羅尼助にも用いられる天然生薬由来キハダ樹皮を

久久理 Essential oil ヒ/hiのとして蘇らせました。

破棄される薬草たちを
キャンドルの灯火として蘇る

久久理誕生から約1年。

オイルを製造する際にどうしても出る廃材。

農園さんからも色が薄くなる薬草たち。

どうにか活かして、

そして現代の生活スタイルで消えてしまった

リアルな火のある暮らしを提案。

兵庫県在中のキャンドル作家、

オルテンシアのMIKIさんと共同企画となる

「ボタニカルキャンドル-tomosibi-」。

土に還る植物たちと共に廃棄せず

新たな形へと誕生。

 
アセット 1_4x-8_edited.png
 
<